エルドアン大統領がS-400、F-35、テロ対策に関して見解

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、トルコがロシアからS-400地対空ミサイルシステムを購入した理由は地域の平和と国家の安全保障を維持するためであると発言した。

erdogan istanbul gazeteciler1.jpg
erdogan istanbul gazeteciler1.jpg

 

 

エルドアン大統領は、新聞やテレビ局の編集長やディレクター、一部作家や学者とイスタンブールにあるヴァフデッティン邸で一堂に会した。

トルコはS-400地対空ミサイルシステムを購入して戦争に備えているのではないと明かしたエルドアン大統領は、

「平和と自国の安全保障を保証しようとしている。防衛産業発展に向けたそのほかの飛躍すべてもこれが目的である」と述べた。

年末までに一部、そして2020年4月までにS-400地対空ミサイルシステム関連のプロセスが完了すると明かしたエルドアン大統領は、S-400地対空ミサイルシステムの管理はトルコ軍が行うと強調した。

エルドアン大統領は、

「トルコ史上最も重要な合意はこの合意である。S-400地対空ミサイルシステムは北大西洋条約機構(NATO)の未来にも強力な影響を与えることになり、NATOは喜ぶべきである」と述べた。

S-400地対空ミサイルシステムをF-35戦闘機と関係づける方向での質問を受けてエルドアン大統領は、S-400は地対空ミサイルシステムであり、F-35は戦闘兵器であると説明した。

F-35戦闘機の生産に加わっているトルコがこれまでに14億ドル(日本円で約1510億円)支払っていることを振り返ったエルドアン大統領は、アメリカの一部当局者がF-35戦闘機を渡さないと発言していることに関し、

「トランプ大統領が部下たちと同じ考えであるとは信じておらず、このことも最後に大阪で一緒に行った会談で全世界のメディアの前で同僚たちに非常に明白に語った。そして、F-35戦闘機に関して異なる方向での進展がないことを期待する」と述べた。

防衛に関する制裁を含んだアメリカ議会の「敵対者に関する制裁措置法(CAATSA)」にも言及したエルドアン大統領は、S-400地対空ミサイルシステム合意は敵対者に関する制裁措置法よりも前に署名されたことを振り返った。

トランプ大統領が敵対者に関する制裁措置法を放棄および延期する権限を持っていると述べたエルドアン大統領は、

「妥協策を見つけるのはトランプ大統領である。われわれはF-35戦闘機のパートナーであり、支払いを行った」と述べた。

エルドアン大統領は、トランプ大統領と近く会談を行う可能性があるとも語った。

エルドアン大統領は、テロ対策に関してもイラク北部に対して実施されている鉤爪作戦と第2次鉤爪作戦の最後にはもはやカンディルという脅威の根源はなくなると明かし、

「ユーフラテス川東部にあるテロの回廊の端を閉ざしたことになる」と話した。

 

(2019年7月15日)



注目ニュース