トルコ法務省、94か国にテロ組織フェト570人の身柄引き渡しを要求

トルコ共和国法務省は、これまでに、アメリカ、ドイツ、ルーマニア、ベルギーなど94か国に、テロ組織フェトのテロリスト570人の身柄引き渡しを要求した。

トルコ法務省、94か国にテロ組織フェト570人の身柄引き渡しを要求

 

 

 

2016年7月15日に謀反を起こした後、トルコの国外に逃亡したテロ組織フェト(フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造)のテロリストの身柄引き渡しを要求する文書がトルコ共和国法務省により作成された。

 

ドイツに元検察官のゼケリヤ・オズとジェラル・カラの身柄引き渡しを要求したトルコは、ドイツにいると言われている、「空軍のイマーム(イスラムの礼拝堂モスクの指導者)」で謀反の「シークレットボックス」と呼ばれているアディル・オクスズについても身柄引き渡しを要求した。

 

アメリカには、テロ組織フェトの首謀者フェトフッラー・ギュレンのほか、ギュレンに一番近い人物ジェヴダト・トゥルクヨル、ギュレンの主治医クドレト・ウナル、テロ組織フェトの報道部門のエクレム・ドゥマンル、世間では「エムレ・ウスル」として知られているエムルッラー・ウスル、ハーカン・シュキュル、商業船のオーナーのイフサン・カラカワンなどの身柄引き渡しも要求した。

 

身柄引き渡しを要求した結果、23か国にいた109人のテロ組織フェトのテロリストが国外追放処分となり、トルコに身柄が引き渡された。

 

 

トルコ共和国法務省は、身柄引き渡し要求のほか、国外にいるフェトの幹部レベルの人物らなどの仮逮捕も要求している。

これまでに54か国に対し152人の仮逮捕を要求した。

 

 

 

(2019年7月14日 日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース