ロシアがトルコに輸出事務所を開設へ

ロシアがトルコに輸出事務所を開設する。

ロシアがトルコに輸出事務所を開設へ

 

ロシア輸出センターのアンドレイ・スレプネフ所長は、トルコはロシアの主要な輸出パートナーの1つであると明かし、

「今月末までにトルコに輸出事務所を開設するために必要な作業を完了する」と述べた。

スレプネフ所長はロシアのイタルタス通信に発言し、トルコとロシア間の貿易額が昨年(2018年)16パーセント増加したと指摘した。

トルコはロシアにとって最も重要な貿易拠点の1つであると明かしたスレプネフ所長は、

「対トルコ関係は戦略的である。昨年16パーセント増加した貿易額もこのことを確認している」と話した。

トルコとロシアが企業間取引(B2B)プラットフォームの設立に向けても取り組みを続けていると説明したスレプネフ所長は、

「トルコのパートナーとこれに関して必要な合意に署名した。プラットフォームの紹介をロシアとトルコの当局が出席した開催されるINNOPROM国際産業見本市で行う予定である」と述べた。

さまざまな国に輸出事務所を開設するための取り組みも続けていると明かしたスレプネフ所長は、

「今月末までにトルコ、中国、ドイツに輸出事務所を開設するために必要な作業を完了する」と話した。

ロシア政府が管轄するロシア輸出センターは、エネルギー源以外の製品を輸出するロシアの輸出業者を支援している。

 

(2019年7月5日)


キーワード: 貿易 , 輸出 , ロシア

注目ニュース