【2019地方選挙】 イスタンブール大都市市長、今日再投票

イスタンブール大都市の有権者は今日、任期5年の市長を決めるために、再度投票所に向かっている。

【2019地方選挙】 イスタンブール大都市市長、今日再投票

 

 

 

3月31日に地方選挙が実施された後、高等選挙委員会は公正発展党からの異議申し立てを審議し5月6日、イスタンブール大都市市長選挙のやり直しを決定した。投票日は6月23日になった。

 

そして今日、イスタンブール大都市の有権者は、任期5年の市長を決めるために再度投票所に向かっている。

 

イスタンブール大都市市長には、公正発展党(AKP、読み「アーケーペー」)と民族主義者行動党(MHP、読み「メーヘーペー」)が組んだ共和同盟の候補ビナリ・ユルドゥルムさん、共和人民党(CHP、読み「ジェーヘーペー」)と「いい政党」が組んだ国民同盟の候補、エクレム・イマモールさん、幸福党の候補ネジデト・ギョクチュナルさん、愛国党のムスタファ・イルケル・ユジェルさんが立候補している。

 

再投票はトルコ時間の8時に全国で開始された。

イスタンブール大都市にある39の区で、1056万963人の有権者が投票することが見込まれている。

 

 

《 投票のしかた(トルコ語)》

 

 

 

今日実施されている投票は、2019年3月31日の地方選挙で実施されたイスタンブール大都市市長選挙の再投票であることから、有権者名簿は更新されることなく、今日の投票でも同じものが使用されている。そのため、3月31日の投票日から再投票日までに満18歳に達した国民や兵役を終えた国民は投票することができない。

 

再投票はトルコ時間の17時まで実施される。

 

再投票の結果は、高等選挙委員会により放送禁止が解除された後に発表される。


 

 

 

(2019年6月23日 日曜日)

 

 

 

 



注目ニュース