イスタンブール大都市市長再選挙、明日(6月23日)実施へ

イスタンブール市民は、明日(6月23日)実施される選挙により、5年の任期を務めるイスタンブール大都市市長を選出する。

イスタンブール大都市市長再選挙、明日(6月23日)実施へ

この選挙で、公正発展党(AKP)と民族主義者行動党(MHP)が組む共和同盟の候補のビナリ・ユルドゥルム氏、共和人民党(CHP)と「いい政党」が組む国民同盟の候補のエクレム・イマモール氏、至福党の候補のネジュデト・ギョクチュナル氏、祖国党の候補のムスタファ・イルケル・ユジェル氏が競う。

イスタンブールにある39区で、1560万963人が投票する。

3月31日に実施された選挙の有権者リストは、新たに更新されることなく今回の選挙でも使用される。この選挙は再選挙であるため、この過程で満18歳となった人々や兵役を終えた人々は投票することができない。

3月31日に実施された選挙の後に高等選挙委員会は、公正発展党の異議申立てを受けて5月6日に「イスタンブール大都市市長選挙」のやり直しを決定した。

 

(2019年6月22日)


キーワード: 選挙 , イスタンブール

注目ニュース