チャウショール外相がS-400に関して見解

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、S-400地対空ミサイルシステムに関してアメリカの強制を受け入れることは不可能であると発言した。

1219360
チャウショール外相がS-400に関して見解

 

チャウショール大臣は、外務省ハタイ県代表部の開設式に出席した。

チャウショール大臣はここで発言し、

「(ロシアから購入されるS-400地対空ミサイルシステム)に関してアメリカの強制を受け入れることは不可能である」と述べた。

シリアにある監視地点に行われた攻撃に関しても言及したチャウショール大臣は、

「政権のこの攻撃を受け入れることも不可能であり、ロシアと署名したイドリブ合意にも反している。ここで政権に止めさせるのも、シリアに関して密接に協力して取り組んでいるロシアとイランの責任である。なぜなら、両者とも政権の保証国だからである」と述べた。

チャウショール大臣は、

「政権がトルコ兵に対して行っている嫌がらせを容認することはできない。身の程をわきまえさせる。誰もが身の程をわきまえるべきである」と話した。

 

(2019年6月16日)



注目ニュース