イスタンブール空港1000万人目の乗客誕生、サプライズなお出迎え

イスタンブール空港で6月2日、1000万人目の乗客が誕生した。記念すべき1000万人目の乗客は、サプライズなかたちで祝福を受けた。

1212845
イスタンブール空港1000万人目の乗客誕生、サプライズなお出迎え

 

 

 

4月5日と6日の2日間にわたって行われたアタチュルク空港からの「航空史上初の大移転」の後、業務を開始したイスタンブール空港は今日(6月2日)、1000万人目の乗客を迎えた。

 

これを記念して、サプライズなお祝いがイスタンブール空港運営会社İGA(イーガ)により盛大に行われた。

 

 

 

1000万人目の乗客になったのは、エスラ・イェシロズさん。

6月4日に始まる断食明けの祭「ラマザン・バイラム」の連休のために、イスタンブール空港からイズミルへ向かうためにチェックインカウンターで搭乗手続きをしていたところ、突然音楽隊の演奏と共に紙吹雪が舞い、この幸運を知らされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イェシロズさんには、1000万人目の乗客であることが書かれたプラカードと花束が手渡された。

 

 

 

空港を訪れた多くの人々も、音楽隊の演奏とともに、このサプライズな瞬間を味わい、楽しんだ。

 

 

 

イェシロズさんは記者たちに、「びっくりした。考えてもみなかった。1000万人目の乗客になるのは素敵な気分」と話し、感謝の言葉を口にした。

 

 

 

 

 

57日で1000万人達成

 

大移転が完了したイスタンブール空港は、4月6日から4月30日までの期間、450万1615人の乗客を迎えた。5月には、522万8447人の乗客が離着陸を行った。6月の2日間で約48万人の乗客が利用し、4月6日に業務を開始してから57日目での1000万人目達成となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2019年6月2日日曜日)

 

 

 



注目ニュース