クラン外務副大臣、米メディアのS-400関連ニュースは「虚偽」

トルコ外務省のヤヴズ・セリム・クラン副大臣が、アメリカがトルコに対し、ロシアからのS-400地対空システム購入に関して来月まで期間を与えるという主張は虚偽であると述べた。

1206853
クラン外務副大臣、米メディアのS-400関連ニュースは「虚偽」

クラン副大臣は、アメリカ訪問における会談について見解を述べるためにトルコの報道関係者と面会した。

アメリカ下院外交委員会でトルコによるロシアからのS-400購入に対する決議案が承認されたことについて見解を述べたクラン副大臣は、

「この決議案とともに、アメリカではS-400地対空システムについての議論が異なる方向で行われていることが遺憾ながらも見受けられる」と語った。

クラン副大臣は、会談した下院議員6人に、アメリカがトルコの地対空システムの需要に応じなかったこと、トルコのS-400購入の適性、プロセスの背景、この購入がアメリカ政府との戦略的関係に影響しないことを説明したと述べ、

「この背景全体の枠組みで、上院・下院議員がしばしば勘違いしていることも見受けられ、彼らがこの背景を知らないでいることがわかった」と話した。

トルコはS-400をめぐりアメリカに対しても配慮していると述べたクラン副大臣は、アメリカ政府はこの分野におけるテクニカルワーキンググループ設立の提案に未だに回答していないと話した。

クラン副大臣は、アメリカメディアで報じられている「アメリカはトルコに対し、S-400購入について6月まで決定するよう期間を与えた」という主張に関する質問に対し、

「我々にこのようなことを公式に伝えたということはない」と話した。

トルコはS-400購入について現在も同じ姿勢でいると述べたクラン大臣は、すでに合意締結は完了しており、また関連専門家の訓練が始まっていると話した。

 

(2019年5月23日)



注目ニュース