EU、トルコに対し現在までに22億2000万ユーロ相当のシリア難民支援金を支払い

欧州連合(EU)が、トルコにいるシリア難民に向けて支払いを約束した60億ユーロ(約7332億円)相当の基金のうち、現在までに22億2000万ユーロ(約2712億円)を支払った。

EU、トルコに対し現在までに22億2000万ユーロ相当のシリア難民支援金を支払い

欧州委員会は、トルコにいるシリア難民の支援に向けた財政支援に関する第12回管理委員会会議がベルギーの首都ブリュッセルで行われたと伝えた。

委員会会議で、財政支援に関する年次報告書が吟味されたと述べられた発表で、難民支援に向けた8億4500万ユーロ(約103億円)相当の様々なプロジェクトの検討プロセスが完了したと伝えられた。

発表で、トルコにいるシリア難民を支援するために設立された基金は60億ユーロであること、この基金に42億ユーロ(約5132億円)が割り当てられたこと、34億5000万ユーロ(約4216億円)相当の契約が結ばれたこと、現在までに22億2000万ユーロ(約2712億円)が支払われたことが述べられた。

EUは、2015年11月29日に開かれたトルコ・EU会議で、トルコにいるシリア難民に向けて30億ユーロ(約3666億円)相当の基金を支払うと約束した。2016年3月18日に開かれた会議では、30億ユーロの追加の基金の支払いが決定した。

これらの基金が、トルコにいるシリア難民の医療、教育、インフラ、食糧その他の需要を満たすために行われるプロジェクトに費やされることが決定した。

世界で最多の難民を受け入れているトルコは、トルコにいるシリア難民に向けた財政支援を十分かつ迅速に行っていないとしてEUを批判している。

 

(2019年5月17日)



注目ニュース