トルコの通信衛星TÜRKSAT 5A、2020年に打ち上げへ

トルコの衛星事業会社トゥルクサットのジェンク・シェン社長が、トルコの通信衛星「TÜRKSAT 5A(トゥルクサット・ごエー)」は来年(2020年)第2四半期の打ち上げが予定されていると発表した。

トルコの通信衛星TÜRKSAT 5A、2020年に打ち上げへ

 

 

 

アメリカの首都ワシントンで開催中の世界最大の衛星の見本市「サテライト2019」で、トゥルクサットのブースをスペースXのグウィン・ショットウェル社長兼最高執行責任者(COO)が訪れた。トゥルクサットのシェン社長、ハサン・ヒュセイン・エルトク副社長、スペースXのショットウェル社長兼最高執行責任者(COO)との間で会合が行われ、トルコの通信衛星「TÜRKSAT 5A」と「TÜRKSAT 5B(トゥルクサット・ごビー)」に関する意見交換が行われた。

 

トゥルクサットのシェン社長は、会合の後に行った発表で、現在運用中の通信衛星は3基あり、「TÜRKSAT 5A」と「TÜRKSAT 5B」、そして初のトルコ製の通信衛星「TÜRKSAT 6A(トゥルクサット・ろくエー)」の製造作業が続いていると話した。

 

世界最大の衛星の見本市「サテライト2019」にトゥルクサットが出展したことについてシェン社長は、「トルコで最も重要な衛星事業会社であるトゥルクサットは、見本市で衛星の製造会社や運用会社とさまざまな交渉をした。交渉は我が国にとって非常に前向きで有意義なものとなった」と話した。

 

シェン社長は、東経31度の位置に打ち上げられる予定の「TÜRKSAT 5A」は、問題が起こらなければ、2020年の第2四半期にアメリカのフロリダ州にある打ち上げ台から宇宙に送られると発表した。

 

 

 

(2019年5月9日木曜日)

 

 

 

 



注目ニュース