チャウショール外相 「年末にエルドアン大統領がイラクを訪問」

メヴリュト・チャウショール外務大臣が、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が年末にイラクを訪問すると発表した。

チャウショール外相 「年末にエルドアン大統領がイラクを訪問」


 

 

チャウショール外務大臣は4月28日、イラクの首都バグダッドで、イラクのムハンマド・アル・ハキーム外務大臣と会談した後、共同記者会見を開いた。

 

 

 

 

 

チャウショール外務大臣は、イラクのハキーム外務大臣と、トルコとイラクの二国間関係についてあらゆる側面から話し合い、地域問題ついて意見交換を行ったと述べた。

 

イラクの国民が家に戻るための再建について、トルコはイラクと共にあると表明したチャウショール外務大臣は、ムスル(モスル)とバスラにある総領事館に続いて、ネジェフ(ナジャフ)とケルキュク(キルクーク)にも総領事館を設置したいと述べた。

 

チャウショール外務大臣は、二国間関係をさらに発展させるために共に取り組みを続けていくと表明し、イラクのバルハム・サーレハ大統領が今年のはじめにトルコを訪問した際に下された決定を履行するために共に活動していると述べた。

 

この先、イラクのアーデル・アブドルマハディー首相をトルコで歓迎するのが嬉しいと表明したチャウショール外務大臣は、「年末に向かってレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、ハイレベル戦略協力会議の第4回会合を行うためにイラクを訪問する」と述べた。

 

チャウショール外務大臣は、地域問題について、トルコとイラクの意見は一致していると表明した。

 

 

 

(2019年4月28日日曜日)

 

 

 



注目ニュース