アカル国防相がシャナハン米国務副長官と会談

フルシ・アカル国防長官は、アメリカ訪問の枠組みでパトリック・M・シャナハン国防副長官と会談した。

アカル国防相がシャナハン米国務副長官と会談

 

国防総省から出された発表によると、国防総省で行われた会談ではシリアにおける最近の進展、両国関係、そのほかの地域の安全保障問題、防衛産業における協力が取り上げられた。

アカル大臣からはシリアで構築されると考えられている安全地帯、(ロシアから購入される)S-400地対空ミサイルシステム、F-35戦闘機、東地中海における緊張に関する見解と要望が述べられた。

会談では、トルコ・アメリカ間の戦略的パートナーシップの枠組みにおける協力が両国、地域、および全世界の安定と安全保障にとって重要であると強調された。

また、国防総省のチャールズ・E・サマーズ報道官は会談後に出した声明で、

「大臣たちは戦略パートナーとして会談した。両大臣は会談で(両国間の一部問題における)立場だけでなく利害関係、トルコとアメリカの二国間協力の重要性、北大西洋条約機構(NATO)加盟国として二国間および地域における相互の安全保障および経済的繁栄の達成に焦点を当てた」と述べた。

 

(2019年4月17日)



注目ニュース