カボレ・ブルキナファソ大統領がトルコを訪問、大統領級で初

ブルキナファソのロック・マルク・クリスチャン・カボレ大統領が、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領の招きに応じてトルコを訪問した。

1180973
カボレ・ブルキナファソ大統領がトルコを訪問、大統領級で初

 

大統領府通信局から出された発表によると、カボレ大統領はブルキナファソからトルコに行われた大統領級で初めてとなる訪問の枠組みで4月11日に首都アンカラにある大統領府総合施設で会談を行う。

会談では、両国関係が全面的に再考され、さまざまな分野における協力拡大の可能性が取り上げられる。

訪問では、G5サヘルの輪番制議長国であるブルキナファソと現状の地域的および国際的な進展に関して意見交換も行われると見られている。

カボレ大統領は、4月10日にイスタンブール県で対外経済関係委員会が開催したトルコ・ブルキナファソ・ビジネスフォーラムに出席した。

カボレ大統領はここで演説してトルコを非常に称賛していると述べ、

「トルコの実業家たちはあらゆる分野で積極的に取り組んでおり、常に自分たちを成長させている」と述べた。

トルコ企業にはブルキナファソでビジネス面や投資面で数多くのチャンスがあると述べたカボレ大統領は、集合住宅の建設や地場産品の循環といった数多くの分野でビジネスパートナーシップに取り掛かることが可能であると述べた。

「ブルキナファソは、経済面および貿易面で常にトルコの実業家たちのそばにいる。支援を継続する。近くトルコとの協力が発展するよう、相互に措置を講じ続ける」と話した。

 

(2019年4月10日)



注目ニュース