エルドアン大統領 「S-400購入について後戻りはできない」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、S-400地対空システムの購入について後戻りはできないと述べた。

エルドアン大統領 「S-400購入について後戻りはできない」

エルドアン大統領は、民放チャンネルで時事問題に関する質問に答えた。

発言で、ロシアからのS-400地対空システムの購入をめぐりトルコとアメリカの間で論争が起こっていることに触れたエルドアン大統領は、本来重要なのはトルコの安全であり、安全問題について譲歩はできないと述べ、シリア北部にいるアサド政権軍と分離主義テロ組織YPG/PKKのメンバーについて指摘した。

トルコの安全を保証する必要があると述べたエルドアン大統領は、

「過去にアメリカから地対空システムを購入しようと望んだが、アメリカは売らなかった。我々もそれを受けて相応の活動を開始した。ロシアは良い姿勢を示した。我々も決然としてこの件で進んできた」と語った。

利率、信用供与、共同生産などのテーマでロシアは非常に良い姿勢を示したと述べたエルドアン大統領は、

「これを受けたこともあり、我々はS-400をロシアから購入するために行動した。ロシアは納入を早期に引き上げて7月とした。我々はこの件を済ませた。その歩みを後戻りさせることはできない。共同生産、技術移転、予算についてのテーマも関わってくる様々な基準があるということを、何度も発表してきた」と話した。

 

(2019年3月15日)



注目ニュース