カルン大統領府報道官、シリアのマンビジとユーフラテス川東部に関する見解

「シリアのマンビジとユーフラテス川東部におけるトルコの基本的な期待は、トルコが地域を管理することである」

1138681
カルン大統領府報道官、シリアのマンビジとユーフラテス川東部に関する見解

 

大統領府のイブラヒム・カルン報道官は、首都アンカラで開催された閣議後に会見し、

「マンビジとユーフラテス川東部にも(イドリブと)同様のモデルが適用されるためにわれわれの基本的な期待は、トルコがこれらの地域を管理することである」

カルン報道官は、これらの地域からトルコに対して何らかの脅威やテロのリスクが再び浮上することは断じて容認されないとも述べた。

カルン報道官は、トルコとアメリカ間のマンビジに関するロードマップに対する質問を受けて、

「2つの同盟国として、もはやロードマップが迅速に、さらなる遅滞なく実現されることは、両国関係の観点からも地域の安全保障の観点からもシリアにおけるプロセスの観点からも非常に重要である」と話した。

カルン報道官は、アメリカと「安全地帯」に関して合意が交わされているとする方向での報道に関しては事実を反映しておらず、これに関する交渉は継続中であると伝えた。

カルン報道官は、

「われわれにとってアサド政権は正当性を失っており、未来を約束するには程遠い政権である」とも述べた。

 

(2019年2月4日)



注目ニュース