チャウショール外相、時事問題に関する見解

シリアでの解決策が模索される中、メヴリュト・チャウショール外務大臣は、ロシアは安全地帯に反対ではないと繰り返した。

1136381
チャウショール外相、時事問題に関する見解

 

チャウショール大臣は、時事問題に関して見解を述べた。

ウラジーミル・プーチン大統領が議題にしたアダナ協定に言及したチャウショール大臣は、

「うまく適用されればわれわれの役に立つ」と述べた。

ロシアはシリアで安全地帯が構築されることに反対ではないと述べたチャウショール大臣は、

「ロシアは安全地帯に反対ではない。しかし、アメリカが安全地帯に関して何を認識しているのか、ロシアの役割はどうなるのか、これらが明白ではない。アメリカはアサド軍が参入するのを望んでいない。われわれの観点からは、ここにアサド軍が参入することは安全保障上の懸念が排除されることにはならない。なぜなら、アサド軍と分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織YPGがトルコに対抗して結託する可能性があるからである。したがって、この安全地帯はわれわれにとって重要である」と述べた。

安全地帯が適用された場合、約40万人がシリアへ帰国すると明かしたチャウショール大臣は、テロ組織はこのことを望んでいないと強調した。

チャウショール大臣は見解で、マンビジにおけるテロの存在にも言及した。

「マンビジに関して時間の浪費があった。この間にマンビジに関するロードマップの重要性が理解された。ロードマップの適用でも加速がある。現在ここで誰が任務に就くのか、名簿リストも協議され始めた」と話した。

チャウショール大臣は、ベネズエラにおけるアメリカ支援のクーデターの試みに関しても、

「仲介役に関して必要とあらばその用意がある」と述べた。

チャウショール大臣は、ワシントン・ポスト紙のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害に関しては、

「特別報告者の調査後に国連と共に何をするかを決定する。必要とあらば、捜査に向けて国連に申請する」と述べた。

 

(2019年1月31日)



注目ニュース