米代表団、「パトリオット」に関してアンカラ訪問

トルコに35億ドル相当(約3790億円)のミサイル防衛システム「パトリオット」の購入を提案したアメリカの代表団が、トルコの首都アンカラに2度目となる訪問を行った。

米代表団、「パトリオット」に関してアンカラ訪問

アメリカ国防総省の代表団は、防衛産業庁で終日会談を行う見通しである。

アメリカの代表団が1月3日にアンカラを訪問した際に話し合われた35億ドル相当の防衛システム「パトリオット」の提案は、技術団によって検討されている。

会談で、適切な融資、技術の譲渡、共同生産などの要望が話し合われる予定である。

代表団は、明日(1月16日)もアンカラで会談する。

アメリカ国務省の承認を受けて再び検討されている防衛システム「パトリオット」には、合計140発分のミサイルとその関連装置が含まれている。

アメリカ国務省は、このシステムのトルコへの販売を昨年12月19日に承認している。

 

(2019年1月15日)



注目ニュース