カンボジア、テロ組織フェト系列の学校を閉鎖

カンボジア政府の介入により、同国にあったテロ組織フェト(フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造)系列の学校4校が地元企業に買収されて名称が国際パラゴン大学に変更された。

カンボジア、テロ組織フェト系列の学校を閉鎖

 

トルコ教育財団から出された発表によると、カンボジアのフン・セン首相は、10月にトルコを訪問した際にレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領と行った会談でテロ組織フェト対策で協力することを保証した。この訪問で署名された教育面における協力協定も12月11日に承認されて施行された。

トルコ教育財団のジャヒト・バージュ運営委員とアフメト・トゥルクベン理事もカンボジアを訪問した。訪問では当局と一連の公式会談が行われた。

発表に見解が掲載されたトゥルクベン理事は、カンボジアで外務大臣や教育大臣と極めて有益な会談を行ったと述べた。バージュ委員とトゥルクベン理事は会談で、トルコで選ばれた政府に謀反を試みたテロ組織フェトはカンボジア政府と国民にとっても脅威となると警告した。

カンボジア当局はこの件における過敏さを非常によく理解していると明かし、テロ組織フェトの活動と学校に関しても必要な措置をすべて講じると強調した。

当局はトルコ教育財団の代表団に、長年同国で活動しているテロ組織フェトの傘下にあるザマン大学と同大学の系列校である4校がカンボジア政府の介入の結果地元企業に買収され、11月15日に名称が国際パラゴン大学に変更されたことを伝えた。

 

(2018年12月25日)



注目ニュース