イタリアからカンガル犬の視察

イタリアのトスカーナ地方で羊の群れがオオカミに襲われてからここしばらく、トルコからカンガル犬を連れてくることが議題に上がっている。

1113880
イタリアからカンガル犬の視察

 

そのスピード、群れを保護する本能、力、自然適応能力、オオカミに対抗できる力で知られるカンガル犬を間近で調査して報道するために、イタリアのAGI通信社のジュゼッペ・ディドンナ記者とフリーの写真ジャーナリスト、ファブリツィオ・ベラルデッティ記者がシヴァス県を訪れてカンガル犬に関して説明を受けた。

イタリア人記者たちは、標高2003メートルの山頂にある中央アナトリア純血種カンガル犬訓練・生産センターの経営者で専門家のフセイン・ユルドゥズ氏を訪問してインタビューを行った。

ディドンナ記者はカンガル犬を非常に気に入ったとし、カンガル犬はトルコ文化の重要な一部であると語り、

「この犬はオオカミを追い払い、かつペットの犬として子どもたちとも遊ぶ。この犬は非常に賢い動物である。あらゆる状況に沿って最良の行動を選択している」と述べた。

近年イタリアではオオカミの数が増加して羊に深刻な被害を与えていると述べたディドンナ記者は、オオカミに対抗できる唯一の解決策はカンガル犬であると語った。

一方、カンガル犬の専門家であるユルドゥズ氏は、特別許可によってのみ国外への持ち出しが許されているカンガル犬をイタリアへ運ぶために当局に許可を申請すると明かした。

 

(2018年12月26日)



注目ニュース