エル・システマがエミネ夫人に敬意を表してコンサート

ベネズエラ国立青少年オーケストラ・コーラスシステム(エル・システマ)がレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領夫人のエミネ夫人に敬意を表してコンサートを開いた。

エル・システマがエミネ夫人に敬意を表してコンサート

 

エルドアン大統領のベネズエラ訪問に同行したエミネ夫人は、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領夫人のシリア・フロレス夫人によって特別プログラムで出迎えられた。

プログラムの枠組みで、国際社会で「エル・システマ」として知られるベネズエラ国立青少年オーケストラ・コーラスシステムの特別名曲集から成るコンサートでは「Üsküdar'a Gider İken(ウスキュダルへの道すがら)」、「Beraber Yürüdük(共に歩いた)」、「Sarı Gelin(ブロンドの花嫁)」といった曲のほかトルコ国歌も演奏された。

エミネ夫人は、幼いうちに子どもたちの音楽的才能が発見されて結成されたこのオーケストラはベネズエラにとって重要な成果であると明かし、この特別コンサートに対してシリア・フロレス夫人に感謝を伝えた。

1975年にベネズエラの音楽家ホセ・アントニオ・アブレウ氏によって設立され、世界的に有名な「エル・システマ」には現在生徒が90万人在籍している。

「エル・システマ」はコーチ1万人と共に南米だけでなく世界のさまざまな地域でも模範とされる才能育成システムとして知られている。

「エル・システマ」は、1993年に国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)の国際音楽賞を授与されている。

 

(2018年12月4日)



注目ニュース