ドイツがEU外の国から労働者募集:トルコからも募集

ドイツが自国の労働力不足を欧州連合(EU)圏外の国々から補うことを目指している。

ドイツがEU外の国から労働者募集:トルコからも募集

ドイツで活動するOBMという人事会社が、トルコからも労働者を募集すると明らかにした。

申請は、同社のインターネットサイトを通じて、イスタンブール事務所、アンカラ事務所、アンタルヤ事務所で行われる。

2019年に最初の段階でトルコからドイツに1万人の労働者を呼び寄せると述べたOBM人事会社経営者のオスマン・タシュ氏は、看護師、溶接工、電気工、空港サービスセクターの需要が最も多いと話した。

タシュ氏は、

「このプロジェクトはトルコ経済にも貢献する。こうしてトルコにおける失業率も下げる」と語った。

およそ10年間ドイツの15か所の空港で活動している同社経営者のタシュ氏は、トルコでトルコ職業機構(İŞKUR)と合意がなされており、特に医療、物流、空港サービスセクターの労働者をドイツに呼び寄せる計画があると述べた。

 

(2018年11月26日)


キーワード: ドイツ , 労働力 , トルコ

注目ニュース