トルコ製無人航空機「アンカ」が初の輸出へ

トルコ航空宇宙産業株式会社(TUSAŞ/TAI)が製造した無人航空機が、初の輸出達成に近づいた。

1089811
トルコ製無人航空機「アンカ」が初の輸出へ

インドネシア空軍司令部に向けて6機の航空機と2つのシステム提供の提案を行った同社は、無人航空機アンカ(Anka)の技術、産業参入、予算についての優れた性能により、競合する4社の中から2社が選ばれるショートリストに残った。

無人航空機システムの供給に向けて6月28日にインドネシア国防省によって国際入札が開始され、同社はその提案を8月24日に提出していた。

入札中と入札前に使用者と供給者により行われた会議で、アンカ無人航空機システムはその優れた技能により完全な評価を得た。

トルコ航空宇宙産業株式会社(TUSAŞ/TAI)は、提案の準備過程で8月14日にジャカルタで「産業の日」というイベントを開催した。

このイベントで、同社が多くのプラットフォームで行った設計、生産、主要統合機能がインドネシアの諸々の防空企業に伝えられ、それらの企業との実施を目指した産業協力活動に向けて包括的な会談が行われてきた。

ジャカルタで11月7-10日に開かれた博覧会「インド・ディフェンス2018」で、入札に加わった数々のシステムのうち、アンカのみが実物大で展示された。

インドネシア当局はこの状況を、実施が望まれている協力活動と入札の重要性の非常に明確な指標であると捉えた。

 

(2018年11月17日)



注目ニュース