カルン大統領府報道官、イスラエルに抗議

大統領府のイブラヒム・カルン報道官が、イスラエルはガザの人々への攻撃を直ちに止めるべきだと述べた。

1087241
カルン大統領府報道官、イスラエルに抗議

カルン報道官は、イスラエルによるガザへの攻撃に対し、ソーシャルメディア上で強く抗議した。

カルン報道官は、イスラエルは違法で弾圧的な占領行為を改めてさらけ出したと述べた。

カルン報道官は、国際社会にも呼びかけを行い、イスラエルの攻撃に対し行動を起こすよう要請した。

カルン報道官のこの投稿で、イスラエル外務省のエマニュエル・ナホン報道官に対し、ソーシャルメディア上で回答し、イスラエルは自己弁護をしていると述べた。

しかし、カルン報道官はナホン報道官に対する回答で、

「パレスチナ人の領土がイスラエルの占領下にあることはよく知っている。しかし、占領者は占領から目を逸らし、占領を隠すために特別な能力を発展させている、そうではないか?」というメッセージにより抗議した。

 

(2018年11月13日)



注目ニュース