ペキジャン商業相 「2018年10月の輸出は共和国史上最高額」

ルフサル・ペキジャン商業大臣は、10月に共和国史上最高の月間輸出額が達成されたと明かした。

ペキジャン商業相 「2018年10月の輸出は共和国史上最高額」

 

ペキジャン大臣はアダナ博物館で記者会見を開き、10月の輸出統計を発表した。

ペキジャン大臣は10月の輸出統計に関し、

「共和国史上最高の月間輸出額を達成した。13.1パーセントの増加で157億3200万ドル(日本円で約1兆7760億円)分の輸出を行った。10月の輸入は23.5パーセント減少して162億6100万ドル(日本円で約1兆8359億円)であった」と述べた。

「10月時点で最も多く輸出を行った国はドイツ、イギリス、イタリアである。これらの国はすべて品質に重点を置く、品質の高い製品と競争力のある価格を評価する国である」と述べたペキジャン大臣は、「トルコの輸出業者を品質面でも称賛している」と述べた。

「新経済プログラムの枠組みで輸出が年末に1700億ドル(日本円で約19兆円)に達すると見ている」と述べたペキジャン大臣は、

「ターゲット国市場への輸出も急速に拡大している。メキシコへは14パーセント、インドへは16パーセント、南米へは41パーセント。アフリカ諸国も戦略的に見ており、10月の輸出は昨年(2017年)10月の輸出と比べてアフリカに25パーセント増加している状況にある」と述べた。

 

(2018年11月1日)



注目ニュース