【中国】 「トルコ観光年」の催し、トルコ料理週間が開催

中国で2018年が「トルコ観光年」になっていることから、在中国・トルコ大使館が主催してトルコ料理週間が開催された。

【中国】 「トルコ観光年」の催し、トルコ料理週間が開催

 

アブドゥルカディル・エミン・オネン駐中国・トルコ大使は首都北京にあるホテルで開催されたトルコ料理週間の催しで演説し、トルコ料理は世界最高の料理の1つであると明かし、トルコ料理はアナトリア、エーゲ海、欧州、コーカサス、中央アジア、中東、バルカン半島の料理の影響を受けていると述べた。

何世紀にもわたる経験がトルコ料理を豊かで変えがたいものにしたと語ったオネン大使は、トルコ料理にはこの意味でケバブからオリーブオイルを使った野菜料理、バクラバからトルココーヒーにいたる幅広い種類があると強調した。

オネン大使は、中国にも深い歴史と広範な地理で育った文化の影響を受けた豊かな料理があると明かした。

今年(2018年)がトルコ観光年となっていることから文化面や観光面で数多くの催しが組織されたと語ったオネン大使は、観光年の閉幕式が11月29日に北京でコンサートと共に行われると明かした。

都市に暮らすトルコ人や中国人がもてなしを受けた催しでは、ドネル、ケバブ、イチリキョフテ、マントゥ、バクラバといったトルコ料理やデザートが振舞われた。

トルコ料理の比類なき味を披露するトルコ料理週間の催しは、11月4日まで開催される。

 

(2018年10月30日)



注目ニュース