シヴァスの眼内レンズ生産工場、80か国に輸出

シヴァス県で事業を展開するトルコ初のレンズ工場で生産された眼内白内障レンズが、世界各国に輸出されている。

1061092
シヴァスの眼内レンズ生産工場、80か国に輸出

 

アナドル医療技術社では2005年以降、眼内白内障レンズとコンタクトレンズの生産が行われている。トルコ初の眼内レンズ生産施設という特徴を持つ工場は、年間生産数40万枚のレンズを国内外の市場で販売している。

アルペル・クルンチ工場長は発言で、生産したレンズは白内障手術に使用されていると語った。

完全に国内企業であることを強調したクルンチ工場長は、生産されたレンズは世界で最も使用されている「疎水性アクリル」素材を使って作られており、使用される原材料の特許権はトルコ科学技術研究会議(TÜBİTAK)にあると述べた。

工場には年間100万枚のレンズを生産できる能力があると述べたクルンチ工場長は、原材料の生産段階から梱包まで100パーセント国内で行われていると明かし、

「工場は品質証明書をすべて所有しており、生産した製品には高度な技術があり、高付加価値がある製品である」と述べた。

生産されている眼内白内障レンズが80か国へ輸出されていると伝えたクルンチ工場長は、トルコの多数の病院で行われる白内障手術で使用されるレンズも同工場が生産していると述べた。

 

(2018年10月2日)



注目ニュース