トルコ外務省、西部トラキア地方の少数派トルコ人のムフティー(宗教指導者)をめぐるギリシャの姿勢に抗議

トルコが、西部トラキア地方の少数派トルコ人の選ばれたムフティー(宗教指導者)を無視する姿勢をやめるよう、ギリシャに要請した。

1046791
トルコ外務省、西部トラキア地方の少数派トルコ人のムフティー(宗教指導者)をめぐるギリシャの姿勢に抗議

トルコ外務省のハミ・アクソイ報道官は、ギリシャ教育宗務省がムフティーに向けて作成した法案に関する発表を行った。

アクソイ報道官は、

「西部トラキア地方の少数派トルコ人の選ばれたムフティーを無視するギリシャが、まずこの姿勢をやめ、作成される法案において少数派の要望に注意を向けるよう期待している」と語った。

アクソイ報道官は発表で、

「西部トラキア地方のトルコ人は、当該法案が、国際条約において明示されている宗務局の自治構造を解消することを懸念している。西部トラキア地方のトルコ人は、少数派の宗教的な需要に奉仕すべき宗務局に関するこの法案が、少数派の見解や要請が吟味されるよう期待している」と述べた。

西部トラキア地方の少数派トルコ人の懸念をトルコも共有していると指摘したアクソイ報道官は、

「西部トラキア地方の少数派トルコ人の選ばれたムフティーを無視するギリシャが、まずこの姿勢をやめ、作成される法案において少数派の要望に注意を向けるよう期待している」と語った。

 

(2018年9月10日)



注目ニュース