エルドアン大統領 「S-400をなるべく早く入手する」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、ロシアに注文したS-400防空ミサイルシステムをなるべく早く入手すると表明した。

エルドアン大統領 「S-400をなるべく早く入手する」

 

エルドアン大統領はバルケシル県の陸軍下士官職業高等学校卒業式で演説し、テロ対策で孤立したトルコは自国を守るためにS-400防空ミサイルシステムを必要としていると明かし、

「自分たちを守るために必要な装置を我々に与えてくれない一方で、我々に金銭で売却してくれなかった武器がテロ組織に無料で付与された。我々が領土を守り、命と財産の安全を確保するために代替案を模索すると、『絶対だめだ』と言われた。我々がこのような負担を受け入れるのは不可能である。トルコはS-400防空ミサイルシステムを必要としており、合意は交わされた。なるべく早く入手する」と述べた。

エルドアン大統領は、トルコは欧州やアメリカとの同盟関係やパートナーシップ関係同様、他国と築く協力も必要としていると述べた。

トルコに関してアメリカで開かれた裁判や、下された判決の例は他国では見られないと述べたエルドアン大統領は、

「我々に一方的な関係を強制する者たちが裏表の世界の至る所でいかなる活動をしているかということも非常によく知っている。これまで二国間関係や多国間関係で約束を守らなかったことはない。誰にも偽善的な行為を行ったことはない。しかし、我々にはこれらすべて行われた」と話した。

名前を挙げずにアメリカ人牧師のアンドリュー・ブランソンに言及したエルドアン大統領は、

「イズミル県で完全に法に則って進められている裁判を口実に、トルコを軍事面かつ経済面で崩壊させようと努めることは、いかなる理論でも説明がつかない」と述べた。

 

(2018年8月31日)



注目ニュース