【テロ掃討】 2018年8月13日から20日朝までの成果

2018年8月13日から20日朝までの期間に実行されたテロ掃討作戦で、テロリスト40人が無力状態になった。

【テロ掃討】 2018年8月13日から20日朝までの成果

 

 

 

トルコ共和国内務省から行われた発表で、2018年8月13日から20日朝までの期間に2331の作戦が実行されたことが報告された。

 

この作戦により、テロリスト40人が無力状態になった。内訳は、死亡したことにより無力状態になったテロリストが24人、生存状態で身柄を拘束されたことにより無力状態になったテロリストが5人、投降したことにより無力状態になったテロリストが11人である。

無力状態になったテロリストの中には、「指名手配テロリスト一覧」のオレンジリストに登録されていた、オメル・ドゥランとプナル・ユルドゥルムもいる。

 

2018年8月13日から20日朝までの期間に実行された作戦で、4308人が拘束された。

この中には、分離主義テロ組織PKKとつながりがある人物297人、テロ組織フェト(フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造)とつながりがある人物221人、テロ組織DEASHとつながりがある人物28人、左派テロ組織とつながりがある人物6人が含まれている。

 

サイバー犯罪対策では、国民に恨み、憎悪、敵意といった感情を引き起こしたとされる、ソーシャルメディアの462のアカウントについて調査が行われ、328人について法的手続きが開始された。

 

 

 

(2018年8月20日月曜日)

 

 

 



注目ニュース