イズミルで不法に出国しようとしていた不法移民125人が捕まる

イズミル県ディキリ区沖およびセフェルヒサル区沖で実施された3つの作戦で、不法ルートでギリシャに渡ろうとしていた不法移民125人が捕まった。

イズミルで不法に出国しようとしていた不法移民125人が捕まる

 

ディキリ区バデムリ湾前でゴムボートを停止させた湾岸警備隊の分隊は、女性や子どもも含む中央アフリカ国籍26人、コンゴ国籍9人、イラク国籍3人、ガンビア国籍3人、シリア国籍2人、ガボン国籍2人から成る不法移民45人を捕まえた。

同じ地点で発生した別の事件では、湾岸警備隊の分隊によって確認されて停止させられたゴムボートにイラク国籍10人、シリア国籍9人、アフガニスタン国籍8人、ソマリア国籍4人、中央アフリカ国籍4人、マリ国籍1人から成る不法移民36人が捕まった。

カラブルン区でパトロールをしていた湾岸警備隊の分隊は、エーリリマン前でモバイルレーダーを通してゴムボートに不法移民がいるのを確認した。

分隊が介入したゴムボートにいた女性や子どもも含むシリア国籍28人、パレスチナ国籍13人、ガーナ国籍3人から成る不法移民44人が捕まった。

捕まった不法移民たちは、手続きを経て県移民管理総局に引き渡された。

 

(2018年7月24日)



注目ニュース