シリア問題をめぐるトルコ・アメリカ・ワーキンググループのロードマップが明らかに

トルコの首都アンカラで招集された、シリア問題をテーマとしたトルコ・アメリカ・ワーキンググループのロードマップが明らかになった。

シリア問題をめぐるトルコ・アメリカ・ワーキンググループのロードマップが明らかに

外務省から行われた書面発表で、シリア問題をテーマとしたトルコ・アメリカ・ワーキンググループが、シリア問題、そして両当事者が関わるその他の協力活動をめぐる会談を持続する目的で、昨日(5月24日)アンカラで会議を開いたことが伝えられた。

「両当事者は、ミュンビチ(マンビジ)で安全と安定を保証するために実施する協力活動に向けたロードマップの主要な道筋を明確にした」と伝えられたこの発表で、メヴリュト・チャウショール外務大臣とアメリカのマイク・ポンペオ国務長官が、ワーキンググループの提案を検討するために6月4日に面会することが述べられた。

 

(2018年5月25日)



注目ニュース