【エルドアン大統領 イギリス訪問】 エルドアン大統領、チャタムハウスで演説

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、テロ組織DEASH(ISIL)と最も効果的な戦いを行っているのはトルコであると発言した。

970927
【エルドアン大統領 イギリス訪問】 エルドアン大統領、チャタムハウスで演説

 

エルドアン大統領は、公式訪問先のイギリスの首都ロンドンでシンクタンク、チャタムハウス(王立国際問題研究所)で出席者に演説した。

国際社会がテロ対策で合意点に至っていないことを強調したエルドアン大統領は、

「DEASH対策を最も効果的に行っているのはトルコである。テロ組織と関係があると疑われた個人6200人を国外退去にした。国境にテロ回廊を構築しようとしている分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織PYDやYPG対策に反対する者たちはいわゆる同盟国であり、テロ反対国である」と述べた。

トルコはシリアの領土の一体性に関して最も誠実な国であると述べたエルドアン大統領は、

「トルコにいるシリア人移民350万人が帰郷できる唯一の方法は、この国が安全になることである」と話した。

イギリスを含めた全諸国からテロ対策において支援を期待していると明かしたエルドアン大統領は、

「我々が自分たちの地域で危機に対処している一方で、欧米では危険なプロセスが発生している。欧州のど真ん中で人々は信仰別に疎外されている」と述べた。

トルコが積極的で良心的な外交政策を採っていることを強調したエルドアン大統領は、

「人道支援に関してトルコはトップに立っている。国民総生産比で人道支援においてトルコは第1位である。大差でトルコは世界で最も寛大な国である」と述べた。

シリア戦争の解決に向けた努力にトルコも加わっていると述べたエルドアン大統領は、

「トルコはジュネーブ・プロセスに積極的に参加している。ユーフラテス川盾作戦やオリーブの枝作戦により4000平方キロメートルのエリアをテロリストから一掃した。民間人に被害を与えない形で作戦を継続している。アサド軍やテロリストはこのような配慮を持ち合わせていない」と話した。

地域の安定に向けてイランの建設的な貢献を利用することが有益であると見なしていると明かしたエルドアン大統領は、

「イランと構築される良好な関係は、イラクの未来の観点からも重要である。イランの核プログラムに関して提示された行動計画は外交上の成果である。国際原子力機関の報告ではイランが計画を遵守していると明かされている」と述べた。

 

(2018年5月14日)



注目ニュース