【2018・6・24 早期選挙】 エルドアン大統領、選挙マニフェストを発表

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領兼公正発展党(AKP)党首が、シナン・エルデム・スポーツサロンで開かれた公正発展党の第6回イスタンブール県議会で、選挙マニフェストを発表した。

965086
【2018・6・24 早期選挙】 エルドアン大統領、選挙マニフェストを発表

エルドアン大統領は、

「道徳心、意思、勇気により、今後トルコは立ち上がる。私の公約は、新たな時期にトルコが現在の文明レベルを凌駕するようにし、金利、インフレ、赤字を下げることだ。」と語った。

エルドアン大統領は、

「我々がいる世界でトルコは、地域の最重要な勢力となりつつある。新たな時期にトルコは世界の大国、先端を行く国となる。」と語った。

エルドアン大統領は、選挙の後にトルコは大統領制度により立ち上がり、新たな飛躍への理想をあらゆる要素とともに実現すると述べた。

エルドアン大統領は、

「完全な分権により議会は法の制定や政府の監査、政府の効果的な運営に集中し、司法も独立した中立の立場で法務の制定に集中する。」と語った。

エルドアン大統領は、「民主的な政治が制度化したこの新たな時期に、安定が持続するようになる。迅速な決議、遅れを取らない施行、効果的な運営により、経済成長が加速する。」と語った。

エルドアン大統領は、

「大統領制度により国民所得が増加し、下方にもより一層広がるために、所得層の間の差がすぐになくなる。」と語った。

エルドアン大統領は、

「皆の財産の安全と商業の自由が、さらに強力な形で法治国家の保証のもとに置かれる。」と語った。

エルドアン大統領は、「私の公約は、新たな時期にトルコが現在の文明レベルを凌駕するようにし、金利、インフレ、赤字を下げることだ。」と語った。

エルドアン大統領は、「外交政策の基本原理は『独立』『国民の利益』『良心的な姿勢』であり続ける。いかなる者にも服従することを受け入れないように、誰をも主のように振るまわせはしない。」と話した。

エルドアン大統領は、「世界の大国となるために、自国の武器を生産し続ける。戦車・アルタイのように、ヘリコプター・アタックのように、無人航空機や武装無人航空機のような我が国の防衛産業の価値を向上させる。我々の目標は、陸、空、海、どの領域でも100パーセント国内製の防衛システムを、トルコとして所有することだ。」と語った。

エルドアン大統領は、「アイネララブからハセケへ、そこからシンジャル、カンディルにまで、テロリストが1人もいなくなるまで我々の作戦は続いていく。」と語った。

 

(2018年5月6日)



注目ニュース