【祝 4月23日国民主権と子どもの日】 エルドアン大統領が子どもたちを歓迎

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、子どもたちの目の輝きを見れば見るほど未来への希望が高まると述べた。

【祝 4月23日国民主権と子どもの日】 エルドアン大統領が子どもたちを歓迎

エルドアン大統領は、4月23日国民主権と子どもの日にちなんでイスメト・ユルマズ国民教育大臣と同行した子どもたちを歓迎した。

エルドアン大統領は、この祝祭日のシンボルとして、大統領の席に12歳のファーティヒ・ミンタシュ君を座らせ、「大統領」と語りかけた。

エルドアン大統領はここで子どもたちに向けた演説で、「我々の願いは未来や独立の戦いにおいて君たちが特別に重要であることだ。君たちは国民が持つダイナミックな力である人間なのだ。世界の中で若者の人口が増えるであろうトルコの模範なのだ。」と語った。

今後の目標は高いレベルの子どもたちを育成することだと強調したエルドアン大統領は、「君たちは我々の候補者なのだ。君たちの成功は我々の成功となる。なので我々は君たちを大いに信頼しており、君たちの成功によって誇りを抱く。」と語った。

エルドアン大統領は、「君たちの目のその輝きが、未来への私の希望を大いに高めてくれる。」と述べた。

 

(2018年4月23日)



注目ニュース