【テロ掃討】 国内外のテロ作戦に関する参謀本部からの発表

シリア北西部の「テロの温床」アフリン地域からあらゆるテロリストを一掃するために、トルコ軍により1月20日17時に開始された「オリーブの枝作戦」の枠組みで無力状態にされたテロリストの数は3991人に達した。

946354
【テロ掃討】 国内外のテロ作戦に関する参謀本部からの発表

 

参謀本部は、オリーブの枝作戦は成功裏に継続中であると発表した。

作戦が始まった1月20日以降、無力状態にされたテロリストの数は3991人となった。

アフリンで地雷と手製爆弾の捜索活動も続けられている。

作戦の枠組みでこれまでに地雷102個と手製爆弾739個が破壊された。

分離主義テロ組織PKK対策は、国内やイラク国境地域でも休むことなく続けられている。

この1週間にマルディン、トゥンジェリ、ディヤルバクル、シュルナク、アール各県とイラク北部で多数の作戦が行われた。

これらの作戦で、名目上の幹部4人をはじめ、国内で31人、国外で77人となるテロリスト合計108人が無力状態にされた。

手製爆弾59個が破壊された。

テロリストによって使用されていた銃用砲床、隠れ家、防空壕、洞窟、貯蔵庫56か所が発見されて使用不可能な状態にされた。

作戦で兵士10人が殉職し、兵士29人が負傷した。

 

(2018年4月7日)



注目ニュース