ガザの復興に向けた会議がイスタンブールで開催予定

イスラエルの包囲下にあるガザの復興に向けて、3月24日にイスタンブールで会議が開かれる。

929040
ガザの復興に向けた会議がイスタンブールで開催予定

 

国際ガザ復興委員会は、トルコも含めた数多くのイスラム諸国から送られた支援によりガザを再建している。

同委員会によってこれまでガザに学校、モスク、貯水池、インフラサービス、病院の建設を対象とした3700万ドル(約39億円)分の投資が行われた。

ガザで完成するプロジェクトのプロモーションと新たなプロジェクトの準備に向けて、イスラム諸国の要人45人が3月24日にイスタンブールに集合する。

トルコの国際復興協会の主催で行われるプログラムには、その分野を専門とする要人たちが出席する。

国際復興協会から書面で出された声明で、医療、インフラ、住宅、教育、財団、農業、工業各分野でプロジェクトを実施している国際ガザ復興委員会は、トルコやイスラム諸国の支援と共にガザで数多くの復興プロジェクトを実現したと述べられた。

ガザの水の需要をまかなう施設がハン・ユヌス地域にある20万平方メートルの土地に建設されたと述べられた声明で、エメル湖周辺に住民のためにレクリエーション広場、遊び場、児童用アミューズメントセンター、景観作業が行われたとされ、

「この湖は飲料水の需要をまかなっており、かつガザの住民にとって戦争の疲れを癒すはけ口となっている」と述べられた。

 

(2018年3月13日)



注目ニュース