トルコ国際協力調整庁、メキシコの被災者に支援

トルコ国際協力調整庁(TİKA)は、メキシコで2017年9月からこれまでに発生した3度の大地震で被災した人々に支援の手を伸ばした。

トルコ国際協力調整庁、メキシコの被災者に支援

 

トルコ国際協力調整庁から書面で出された声明によると、同国で2017年9月からこれまでに3度の大地震が発生した。

地震で何百もの建物が倒壊する一方、特に山岳部や農村部に暮らす地元住民が不遇を受け、緊急に人道支援が必要となった。

進展を注視していたトルコ国際協力調整庁メキシコ・プログラム担当調整局は、関連県庁と協力して必要なものを特定した。

オアハカ市中心部から約250キロメートル離れた場所にある山岳地帯の居住地3か所に住む家庭に緊急必需品箱が配給された。

箱には基本的な食料物資、衛生用製品、インスタントフード、類似製品などが入っている。

緊急事態に備えてトルコ国際協力調整庁が用意したオフロード型救急車と海上用救急車も地域で運用が続けられている。

 

(2018年2月26日)



注目ニュース