トルコ、カメルーンに職業訓練支援、議定書が取り交わされる

イスメト・ユルマズ国民教育大臣は、カメルーンで職業訓練を行う中核的研究拠点(センター・オブ・エクセレンス、COE)と、衣料品製造や建設技術の分野で職業訓練センターが設立されると発表した。

トルコ、カメルーンに職業訓練支援、議定書が取り交わされる

 

ユルマズ大臣とカメルーンのザチャリー・ペレヴェト雇用・職業訓練大臣が出席して「職業訓練における技術移転プロジェクト実施議定書」の署名式が行われた。

ユルマズ大臣は式典で演説し、トルコはカメルーンとあらゆる分野で関係を発展させて行きたいと明かした。

アンカラ県で2002年にトルコとカメルーン間で「文化・科学分野における協力協定」が署名されたことを振り返ったユルマズ大臣は、両国間の教育関係はこの協定の枠組みで進められており、トルコで500人近いカメルーン人の学生が教育を受けていると述べた。

ペレヴェト大臣は、両国間で兄弟愛と友情に基づいた関係が続いていると指摘した。

議定書の署名により両国関係にとって新しいかつ重要な局面が迎えられたと述べたペレヴェト大臣は、

「この重要な議定書と共に、トルコはカメルーンで教育の支援を行う用意があることを示したことになる」と述べた。

中核的研究拠点がカメルーンに設立されることに非常に満足していると述べたペレヴェト大臣は、同拠点は特に衣料品や建設の分野に関して取り組んで行くことになり、このおかげで雇用が強化されると強調した。

 

(2018年2月21日)



注目ニュース