エルドアン大統領 「シリア北部にあるテロの巣窟を短期間のうちに打倒する」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、トルコはシリア北部にあるテロの巣窟を短期間のうちに打倒すると述べた。

889566
エルドアン大統領 「シリア北部にあるテロの巣窟を短期間のうちに打倒する」

エルドアン大統領兼公正発展党(AKP)党首は、同党のトルコ大国民議会(TBMM)のグループ会議で演説した。

演説で、アメリカがシリア北部にいるテロ組織PKKのシリアにおける派生組織PYDとともにテロの軍隊を創設しようとしていることに反発を表明したエルドアン大統領は、この地域でテロ回廊を構築することは許されないと述べた。

エルドアン大統領は、

「昨日(1月15日)イラクで行われていたゲームを終わらせた。シリアにおけるゲームの只中に切り込んだ。明日でもあさってでも、短期間のうちにアフリンとマンビジから作戦を始め、シリアのほかのテロの巣窟も1つ1つ打倒する。このことは、同盟国のように見せかけて我々に背後から襲いかかろうとする者が妨害できるものでもないし、政治家に見える少数のテロ支持者も阻止はできない。」と話した。

このゲームに対し、北大西洋条約機構(NATO)が沈黙していることにも反発したエルドアン大統領は、

「NATOよ、NATOはその協力者の1人に対して国境侵害を行う者に立ち向かうべきだ。今までそのためにどんな姿勢を示してきたというのか?」と語った。

エルドアン大統領は、トルコ大国民議会でのグループ会議の後に記者団に行った発表でも、シリア北部でテロの巣窟と化したアフリンに向けての軍事作戦は、シリアの反体制派とともに実施すると明らかにした。

 

(2018年1月16日)



注目ニュース