エルドアン大統領、アフリンとマンビジで常に作戦開始の可能性を示唆

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、シリアのアフリンとマンビジでいつでも作戦が開始される可能性があると発言した。

888902
エルドアン大統領、アフリンとマンビジで常に作戦開始の可能性を示唆

 

 

 

アンカラ県カフラマンカザン区の電気工場の開設式で演説をしたエルドアン大統領は、アメリカがシリア北部で3万人規模のシリア国境治安部隊を結成すると発表したことに言及した。

テロ勢力がトルコを脅かしていると表明したエルドアン大統領は、分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織PYDとYPGが占領しているテロ地域に作戦を実行する可能性について触れ、アフリンとマンビジに「常に作戦開始の可能性がある」と述べた。

アメリカにテロ組織を支援するのをやめるよう呼びかけたエルドアン大統領は、

「3万人集めてつくった軍隊は、そこで完全にあなたを代表させることはできないだろう。また、戦略パートナーに対しても恥をかくだけだ。我々が全同盟国に言っているのはこういうことだ。テロリストらと我々との間に入らないでほしい。虐殺集団と我々との間に入らないでほしい。そこで発生するかもしれない、望まれないできごとに対し、我々は責任を取らない。テロ組織の上に掲げられているあなたの旗は自分で下してほしい。我々があなたに手渡さなくてもすむように。テロリストと一緒にいる者を土に埋めなくてもすむように」

と述べた。

アフリンとマンビジから、すぐにでもテロの要素が一掃されると断言したエルドアン大統領は、アフリンとマンビジが終われば、他の地域に移り、テロリストが一人残らずいなくなるまで作戦を実行し続けると表明した。

 

 

 

(2018年1月15日月曜日)

 

 

 



注目ニュース