ユルドゥルム首相、バングラデシュ訪問へ

ビナリ・ユルドゥルム首相が、バングラデシュのシェイク・ハシナ首相の招待を受けてバングラデシュを訪問する。

ユルドゥルム首相、バングラデシュ訪問へ

首相府報道局から行われた発表によると、ユルドゥルム首相は、バングラデシュの公式訪問の内容で、12月19-20日に同国の首都ダッカで上級会談を行う。

訪問では、バングラデシュとトルコの友好関係と兄弟関係が包括的に取り上げられ、ロヒンギャ問題をはじめ地域問題に関する意見交換が行われることが予定されている。

ユルドゥルム首相は、ダッカでの会談の後に、バングラデシュのコックスバザール地方に移動する。

そこでロヒンギャ族が暮らすキャンプを訪問するユルドゥルム首相は、難民の状況や、この地域で国際協力調整庁(TİKA)、災害緊急事態管理局(AFAD)、宗務庁の主導により国際機構が行っている人道支援活動に関する調査を行う。

 

(2017年12月16日)



注目ニュース