在米トルコ大使館がフェト首謀者ギュレンの身柄引き渡しに関する声明を発表

ワシントンにあるトルコ大使館は、テロ組織フェト(フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造 略称:FETÖ/PDY)の首謀者フェトフッラー・ギュレンが、合法ではないやりかたでアメリカ国外に出されることが望まれているという方向での主張について、 「トルコは、フェトフッラー・ギュレンの身柄引き渡しのために法の支配以外の方法に出るという方向での主張はすべて、完全な嘘であり、滑稽であり、根拠のないことである」と表明する声明を発表した。

845717
在米トルコ大使館がフェト首謀者ギュレンの身柄引き渡しに関する声明を発表

 

 

 

ワシントンにあるトルコ大使館から出された声明で、フェトの首謀者フェトフッラー・ギュレンが2016年7月15日の謀反を企てた真の人物であり、合法的にアメリカから身柄が返還されることが望まれていることが表明された。

声明で、「これらのすべての罪の背後にいるフェトフッラー・ギュレンが未だにアメリカに居住することができていることは、トルコ国民の間に強い不快感と驚きを引き起こしている。フェトが犯した罪、および、トルコとアメリカとの間の相互返還合意の観点からのフェトフッラー・ギュレンの身柄引き渡しの理由が完全に理解されるために、我々は関連のアメリカの機関と密接に活動を続ける」と述べられた。

トルコ政府およびトルコ国民はフェトフッラー・ギュレンが裁判を受けるために即刻トルコに身柄が引き渡されることを期待していることが強く表明された声明で、2017年3月に述べたように、トルコはフェトフッラー・ギュレンの身柄引き渡しのために、法の支配以外の方法に出るという方向での主張はすべて、完全な嘘であり、滑稽であり、根拠のないことである」と述べられた。

 

 

 

(2017年11月12日日曜日)

 

 

 



注目ニュース