【ミャンマー ロヒンギャ迫害】 クウェート・トルコ銀行、ロヒンギャのためにトルコ赤新月社に寄付

クウェート・トルコ銀行が、ミャンマーで攻撃を受け、移住を余儀なくされたラカイン州のムスリム、ロヒンギャ族のために、トルコ赤新月社が始めた支援キャンペーン「ラカイン州を守ろう」に100万トルコリラ(約3200万円)寄付した。

【ミャンマー ロヒンギャ迫害】 クウェート・トルコ銀行、ロヒンギャのためにトルコ赤新月社に寄付

 

催しでスピーチしたクウェート・トルコ銀行のウフク・ウヤン頭取は、イスタンブールにあるトプカプ宮殿の扉の碑文に、「抑圧された人すべての保護者、擁護者」と記されていることに感銘を受けたと述べ、トルコ赤新月社も世界中で抑圧された人々すべてを保護してこの伝統を生かす努力をしていると述べた。

そして、自分たちも社会的責任の必要性からこのような支援を行ったとしたウヤン頭取は、

「この要望は、行員と顧客から出された。謙虚な貢献をしてこれを実現するために行っている。通常ならこのような件でマスコミの前に立つこみゃんとはない。我々のあとに続く者がおり、善意の行為の元になれるようにとの考えからここにいる。幸先の良いものになりますように。ムスリムのロヒンギャ族に支援の手がありますように」と話した。

 

(2017年9月22日)



注目ニュース