チャウショール外相 「トルコはヨーロッパとの間に問題が起こるのを望んでいない」

メヴリュト・チャウショール外務大臣は、トルコはヨーロッパとの間に問題が起こるのを望んでいないと述べた。

チャウショール外相 「トルコはヨーロッパとの間に問題が起こるのを望んでいない」

 

 


メヴリュト・チャウショール外務大臣は、公式訪問でトルコを訪れているフランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン外務大臣と大統領府総合施設で会談を行った。

会談後、ふたりは共同記者会見を開いた。

チャウショール外務大臣は、フランスとトルコとの間で和やかな対話ができて嬉しいと語り、フランスのドリアン外務大臣と経済、エネルギー、二国間の投資の強化について話し合ったと述べた。

トルコは欧州連合(EU)諸国やヨーロッパ大陸と何ら問題はないことを強調したチャウショール外務大臣は、「ヨーロッパの悪は我々の悪である。ヨーロッパの安定は、我々の安全であり安定である」とコメントした。

チャウショール外務大臣は、「トルコはヨーロッパとの間に問題が起こるのを望んでいる国ではない。強引な要求やダブルスタンダードに屈する国や国民でもない。ヨーロッパにこのことを伝えようとしている。ヨーロッパはもはや我々に対する接しかたを変えなければならない」と述べた。

 

また、ドリアン外務大臣は、エルドアン大統領を表敬訪問した。

 

 

 

(2017年9月15日金曜日)

 

 

 



注目ニュース