【祝 8月30日勝利の日】 アタチュルク廟で祝賀行事

「8月30日勝利の日」95周年が全国で祝福されている。

【祝 8月30日勝利の日】 アタチュルク廟で祝賀行事

 

 

「8月30日勝利の日」95周年が全国で祝福されている。

 

アンカラで最初に祝賀が行われたのは、アタチュルク廟だった。

 

国家の高官たちが、アタチュルクが眠る石棺に花輪を捧げた。

 

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、アタチュルク廟特別記帳台帳に署名し、メッセージを記した。

エルドアン大統領はメッセージの中で、2016年7月15日の晩に示した抵抗について力説した。

エルドアン大統領は、「尊敬するアタチュルクよ」と呼びかけ、「偉大なる勝利の95周年を今年も誇りを持って祝福する。独立戦争を勝利に導くきっかけをつくったこの歴史的勝利は、マラズギルトの戦いから現在までつながる厳しい戦いの連続の鎖の中の非常に重要なひとつの輪であると考えている。8月30日につかんだ勝利により得た力で我が共和国を築いたとき、アタチュルクは我が国の目標を現代文明の上を行くことと設定した。トルコはアタチュルクが示した目標に向かって歩み続けている。(2016年)7月15日の晩に示された勇敢な抵抗により、我が国の経済的独立および政治的独立に対するあらゆる攻撃を一掃することへの決意が表明された。アタチュルク、尊い殉国者、勇敢な戦士たちから託されたこの祖国を命にかえても守り続けていく」と記し、アタチュルクの安眠を祈る言葉でメッセージを締めくくった。

 

 

 

(2017年8月30日水曜日)

 

 

 



注目ニュース