エルドアン大統領「2017年のトルコの経済は飛躍の年」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、2017年のトルコの経済は飛躍の年になると発言した。

745346
エルドアン大統領「2017年のトルコの経済は飛躍の年」

 

 


エルドアン大統領は、金閣湾コンベンションセンターで開催された独立実業家協会(MÜSİAD)の総会に出席し、演説をした。

実業家たちにあらゆる可能性と勇気を集め、投資を行うよう呼びかけたエルドアン大統領は、「生産し、輸出に全力を注ぎ、雇用を増加する。こうしてみなさんも国も利益を得るのである。」と述べた。

エルドアン大統領は、イスタンブール株式市場における上昇および外国為替における下落は、家電製品販売における上昇と市場のトルコ経済への信頼がパーフェクトであることを印象づけたと述べた。

経済の車輪がだんだん速く回り始めてきたと断言したエルドアン大統領は、「すべての実業家に呼びかけたい。国を大切に思うなら、国が好きなら、この大地に恩返しをしたいなら、今こそ行動に移す時機である。さらにもっと働こう。」と述べた。

 

 

エルドアン大統領は、シリアの情勢と、アメリカの分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織YPGへの武器支援についても言及し、ひとつのテロ組織を倒すために別のテロ組織を支援することは間違っていることをアメリカには何度も説明したと述べた。

あらゆる警告にも関わらずアメリカがテロ組織YPGと一緒になってシリアのラッカをテロ組織DEASH(ISIL)から奪還するつもりであると指摘したエルドアン大統領は、もしもテロ組織YPGがトルコに脅威を向けるなら、誰にも聞かずにすべきことをすると再度主張した。

エルドアン大統領は、「ジェラブルスで、ライで、アル・バーブで、どのような取り組みをしてきたのか。今後も同じ取り組みを行っていく。」と述べた。

 

 

エルドアン大統領は、国内におけるテロ対策については、「国内でテロ組織PKKに対し実行した作戦はトルコ史上最も成功を収め、現在も実行中である。この夏、大きい行動の準備をしているテロ組織が潜伏している山を狭めている。テロ組織の潜伏場所に突入すると話したが、テロ組織がいればどこにでも突入してきた。これから突入予定の場所もあり、そこにも突入していく。」と述べた。

 

 

 

(2017年6月3日土曜日)

 

 

 



注目ニュース