トルコ宗教財団、フィリピンでモスクを開所

フィリピンでトルコ宗教財団が建設したタクロバン・モスクとイスラムセンターが、金曜礼拝と祈りと共に同国のムスリムのために業務を開始した。

トルコ宗教財団、フィリピンでモスクを開所

 

タクロバンで行われたモスクの開所式にはトルコ宗教財団や宗務庁の代表者のほか、地元当局者や都市のムスリム社会が出席した。 ->

同市のサンボ・ヤオカシン副市長は、2013年に発生した台風被害のあとここを訪れて支援の手を差し伸べた最初の国の1つであるトルコが、タクロバンのムスリム社会に非常にすばらしい贈り物をしてくれたと強調し、両国国民の心の架け橋がこのモスクによってより一層強固なものになると語った。

全国でモスクの建設と維持管理作業に約100万ドル(約1億1000万円)費やしたトルコ宗教財団が新たに開いたタクロバン・モスクと文化センターは、350人収容でき、別棟と共に400平方メートルの広さがある。

 

(2017年6月2日)



注目ニュース