ウシュク国防相「PKKはトルコで活動できない状態になった」

フィクリ・ウシュク国防大臣は、トルコ軍の軍事作戦が成功した結果、分離主義テロ組織PKKはトルコで活動できない状態になったと述べた。

ウシュク国防相「PKKはトルコで活動できない状態になった」

2016年から現在まで1万100人のテロリストが無力状態にされたと述べたウシュク大臣は、トルコは今、35年にわたるテロとの戦いで最も成功している時期にいると述べた。

決然とした戦いによりテロ組織PKKに打撃を与えたと強調したウシュク大臣は、

「この成功では最近の強力な連携が効力を発揮した。今や、軍も警察も国家の諜報機関も、連携し調和してこの戦いを行っている。そしてその成果が出始めた。現在テロ組織PKKはトルコで活動できない状態になった。現在テロ組織ができる唯一のことは、手製爆発物と地雷を爆発させることくらいだ。戦いは決然と続けられていく。」と語った。

 

(2017年4月26日)



注目ニュース