【1/1 オルタキョイ・テロ】 テロ攻撃を計画したDEASHメンバーのオズベキ、シリアで殺害される

年が明けたばかりの1月1日の深夜にイスタンブールのオルタキョイにあるナイトクラブ「レイナ」で発生したテロ攻撃を計画した人物のひとりが殺害されたことが伝えられた。

718178
【1/1 オルタキョイ・テロ】 テロ攻撃を計画したDEASHメンバーのオズベキ、シリアで殺害される

 

 

 

アメリカ中央軍(CENTCOM)は、イスタンブールのオルタキョイにあるナイトクラブ「レイナ」へのテロ攻撃を計画した人物のひとりでテロ組織DEASH(ISIL)メンバーのアブドゥルラフマン・オズベキを、地上で実行された急襲作戦によりシリアで殺害したと発表した。

 

この件に関して発表を行ったアメリカ中央軍報道官のジョン・トーマス大佐は、オズベキはDEASHのリーダー、アブー・バクル・アル=バグダーディーに近しく、国外攻撃、外国人メンバー、資金源の責任者のひとりだったと述べた。

トーマス大佐は、「4月6日にアメリカ軍がDEASHのシリアにおけるリーダー、アブドゥルラフマン・オズベキを殺害するために実行した急襲作戦で、オズベキの殺害を確認した。オズベキは、DEASHの自称カリフ(イスラム社会の指導者)、アブー・バクル・アル=バグダーディーに近しい人物のひとりだった。外貨やメンバーの移動を管理するDEASHのリーダーのひとりだった。DEASHの国外行動で重要な役割を持っていた人物のひとりだった。
年が明けたばかりの深夜に、39人の罪なき一般人の命を奪った重要人物で、イスタンブールのナイトクラブの攻撃を計画した。」と述べた。

 

 

年が明けたばかりの1月1日の深夜にイスタンブールのオルタキョイにあるナイトクラブ「レイナ」が銃で攻撃され、警察官1人が殉職、外国人25人を含む39人が死亡、65人が負傷した。DEASHが犯行声明を出した。

 

テロ攻撃から17日後、ウズベキスタン出身の実行犯アブドゥルガディル・マシャリポフが、イスタンブールのエセンユルト区で身柄を拘束された。

 

 

 

(2017年4月21日金曜日)

 

 

 



注目ニュース