ヨーロッパからDEASHにメンバーを送り込んだテロリスト、拘束

ヨーロッパからテロ組織DEASH(ISIL)にメンバーを送り込んでいたシリア人テロリストが、アダナで拘束された。

701924
ヨーロッパからDEASHにメンバーを送り込んだテロリスト、拘束

DEASHの幹部であると確認されたサフワン・カフワトゥ容疑者は、妻とともにバスに乗っているところを拘束された。

アダナ警察局と国家諜報機構が共同で行った活動により、カフワトゥ容疑者が妻とともに3月15日にシリアからハタイを通ってトルコに入国したことが判明した。

警察は、イスタンブールを通ってヨーロッパ諸国に移動しようと目論んでいたと思われるカフワトゥ容疑者とその妻が乗ったバスを、タルスス・アダナ・ガジアンテプ高速道路で停車させ、2人を拘束した。

アダナ警察局に連行されたカフワトゥ容疑者は、専門チームにより尋問を受け、妻は国外追放となった。

カフワトゥ容疑者が身に着けていたデジタルデータからは、容疑者が異なる場所で武器や金を持っているところを撮影した写真が見つかった。

他の写真にも、カフワトゥ容疑者が覆面を被り、1人の人物の喉にナイフを突き付けているところが写っていた。

カフワトゥ容疑者が写真で指にはめている指輪は、組織の幹部が目印の代わりに使用しているものだと伝えられている。

DEASHに参加するヨーロッパ人に武器や爆弾の訓練を受けさせていたとされるテロリストは、2月10日にアダナで拘束され逮捕されたテロ組織の幹部である、レバノン出身でデンマーク国籍を持つマハマド・ラバンと、イラク出身でスウェーデン国籍を持つモハメド・テフィク・サレフとの繋がりがあったことも確認された。

警察局の手続きの後に裁判所に移送されたカフワトゥ容疑者は、逮捕された。

 

(2017年3月29日)



注目ニュース